エンジニア転職

【転職に有利】エンジニアが発信力をつける3つの方法

【転職に有利】エンジニアが発信力をつける3つの方法

皆さんは、エンジニアが発信力をつけるべき理由を理解しているでしょうか?

発信力があるのないのでは、エンジニアとしての仕事に大きく影響してきます。

そもそも「発信力」という言葉が分かりにくいですよね!

「発信力」と聞いてしまうと、SNSを想像するでしょうか?

実は、エンジニアにとっての発信の場はSNSだけではありません。

「発信力」とは具体的に何なのか説明します。

そして、”エンジニアとしての”発信力をつけるためにおすすめの3つの方法をご紹介します。

転職したいエンジニアが発信力をつけるべき理由

エンジニアが発信力をつけるべき理由があります。

  1. 転職に有利
  2. 直案件をもらえる
  3. 情報の水準が高まる

これら3つのメリットを得られるからです。

それぞれの詳細は、この後の発信力をつける3つの方法の中で詳しく解説していきます。

転職したいエンジニアが発信力をつける3つの方法

転職したいエンジニアが発信力をつける3の方法は以下の通りです。

  1. Twitter
  2. Qiita
  3. 転職サイト

1つずつ解説していきます。

転職したいエンジニアは全員Twitterをやるべきです

まず、Twitterは、全エンジニアがやっておくべきSNSだと思います。

Twitterだけで、先ほど挙げた「発信力をつける3つのメリット」を得られるからです。

#Twitter転職 というハッシュタグを調べてみてください。

多くの方がTwitterを通して転職しようと試みていることがわかりますよね。

しかも、多くのいいねやRTをもらえているんです。

Twitterには「転職希望者」を応援する雰囲気があると判断しています。

ただし、希望年収は少し高くした方がいいですね。

持っているスキルや実務経験に対して、低すぎる希望年収を提示している人が多いと思います。

良くも悪くも、#Twitter転職 のハッシュタグは色々な人がみています。

優秀なエンジニアを安く買い叩いてやろうという悪意を持っている人もいるかもしれません。

企業と交渉して希望より少し低い年収で契約することは簡単ですが、逆はとっても難しいです。

転職サイトで市場平均を調べつつ、少し高めの年収を設定しましょう。

もし調べ方が分からなければ僕に相談してください。笑

転職したいエンジニアはTwitterで繋がる人選びが重要です

また、Twitterは多様な人と繋がることができます。

エンジニアと繋がることで、業界の情報が入ってきます。

ただし、最新の情報ではないので注意です。

最新の情報は、SNSではなく、後ほど紹介するQiitaのような技術情報サイトに集まっているので。

さらに、エンジニア以外のアカウントと繋がることも重要です。

例えばWebマーケターや中小企業のCEOなどです。

エンジニア以外のアカウントと繋がると、思わぬところで直案件をもらえる可能性があります。

なぜなら、彼らの周りにはエンジニアが少ないからです。笑

需要は多いが供給が少ない、この市場に飛び込むのが有効な戦略です。

実際に僕も、Twitterを通して1年間で2つほど案件をもらってサービス開発をしました。

転職したいエンジニアにおすすめのTwitter発信方法

ではどのようにTwitterで発信すればよいでしょうか?

NG例をいくつか紹介しながら、発信方法を解説します。

  • 相互フォロー
  • Noツイート
  • 勉強報告のみ

相互フォローは「発信力をつける」にはマジで意味がありません。

「相互フォローしましょう!」っていってるようなアカウントは、お互いの発信内容に興味ないのにフォローしてるんですよ。笑

本来は「ツイートを見かける→面白いな→プロフィールを閲覧する→求める情報を発信してくれそうだな→フォローする」という流れになります。

たとえ相互フォローで数字上のフォロワーが増えても、エンゲージメント、要するにいいねやリプライが増えないんですね。

つまり、誰もあなたの発信に反応してくれないってことなんです。

これでは、Twitterを使っている意味がありません。

次、Noツイート。

はい、これは論外!ツイートしろ!

インプットするためにTwitter使うなら、その時間、技術ブログを読んでた方がいいです。

次、勉強報告のみのアカウント。

誰もあなたの「今日は〇〇をxx時間勉強した」という勉強報告には興味がありません。

フォロワーの方が知りたいのは「役に立つ情報」「面白い情報」このどちらかです。

同じ「勉強をした」という行動に対するツイートでも、その勉強した技術について、例え話を使いながら140字で分かりやすくまとめたツイートをすると、反応は全く変わるはずです。

発信の本質は「難しいことを、あなたというフィルターを通して、分かりやすくする」ことだと思います。

以上が、Twitterでの発信方法です。

転職したいエンジニアはQiitaのような技術ブログを書こう

次は、Qiitaのような技術ブログについて解説します。

QIitaは、転職やフリーランスになる際にかなり重要です。

職務経歴書は、経験年数が長ければなんとなくいい感じに書けてしまいます。

採用側からすると、その人の技術力が見えづらいんですよね。

Qiitaのような技術ブログにアウトプットしている内容を見ると、技術に対する理解力がわかります。

言語化するには、相当の理解をしていないとできないですからね。

ここでも、「難しいことを分かりやすく伝える」ことを意識してください。

転職サイトを利用してエンジニアは発信できます

最後に、転職サイトでの発信方法について解説します。

「え、転職サイトで発信?」と思いましたか?

転職サイトの一般的イメージは「職務経歴書を書いて、エージェントと面談して、応募して、面接して…」という感じですよね。

ですが、そういったPush型の転職サイトとは逆の、Pull型の転職サイトで発信することを僕はおすすめします。

要するに、「自分から応募する」転職サイトではなく、「あなたのプロフィールやポートフォリオを見た企業からスカウトが来る」転職サイトですね。

具体的にいうと僕はWantedlyと転職ドラフトの2つを使っています。

Wantedlyはベンチャー企業の求人がかなりスカウトメールが活発です。

ちなみにプロフィールを整えたことで、スカウトメール数が月1件から月20件に増えました。

また、転職ドラフトは、あなたの職務経歴やプロジェクトで経験したことをみて、有名企業から「年収xxx万円で採用したい」というオファーが来るサイトです。

「年収評価シート」というものを記載してエントリーします。

この「年収評価シート」は、転職ドラフトの事務局から添削してもらえるんです。

しかもその指摘がかなりガチです。笑

そこらへんの転職エージェントでは絶対に受けられないサービスです。

レスポンスも早くて、1日経たずに添削結果が返ってきましたね。

一定の実力をお持ちの方かとお見受けした一方、解決施策~成果部分のアピールが足りず、非常に勿体ないと感じております。

~~~とありますが、具体的にどのような行動を取られたのでしょうか?

また、その結果、以前とどのような変化があり、顧客への価値提供と繋がったか等を追記頂くとより実力のアピールへ繋がるかとお見受けいたしました。

ここでも、あなたが経験してきたことを、起承転結で分かりやすく伝えることが求められているのかなと感じます。

エンジニアが発信力をつけるメリット

  • 転職に有利

  • 仕事をもらえる

  • 情報の質が高まる

トラハック
トラハック
発信力とは「難しいことを分かりやすく伝える力」であることを意識して、今後も発信を続けていきましょう!