SEO

【SEO対策】正しいキーワードの入れ方を知って検索上位を狙おう!

【SEO対策】正しいキーワードの入れ方を知って検索上位を狙おう!
トラハック
トラハック
検索順位を上げるには、キーワードをどのように入れたらいいの
SEOに効果的なキーワードの入れ方は?

この記事はそうした悩みを抱える方向けに書いています。

この記事を読めば分かること
  • SEOに効果的なキーワードの入れ方
  • SEO的にNGなキーワードの入れ方
  • キーワード網羅の重要性

トラハックこと私は、当サイトとは別のWordpressブログを2018/9に開設し、3ヶ月後に検索順位1位を獲得しています。
アフィリエイターやブロガーの方に「正しい方法で戦えばSEOをハックできる」ことをお伝えしたいので、この記事を書いています。

↓参考までに、「エビオス錠」という整腸剤について書いた記事で検索順位1位を獲得したエビデンスです。

検索順位1位を獲得したキーワード

検索順位を上げる!SEOに効果的なキーワードの入れ方

検索順位を上げる!SEOに効果的なキーワードの入れ方

それでは改めて、SEOに効果的なキーワードの入れ方について説明していきます。

SEOに効果的なキーワード挿入場所

記事内でキーワードを入れるとSEO効果のある場所は以下の通りです。

SEOに効果的なキーワード挿入場所
  1. タイトル(重要度:★★★)
  2. h2, h3見出し(重要度:★★☆)
  3. 本文の<strong>タグ内<ul>, <ol>タグ内(重要度:★☆☆)
  4. メタディスクリプション(CTR=クリック率に影響する)

上記の重要度は、検索エンジンのクローラーが「重要である」とみなす度合いに比例しています。
クローラーとは、サイトを自動で巡回して評価するプログラムのことです。

クローラーが「重要である」とみなす箇所に”検索上位を狙いたいキーワード”を適切に入れることが大切です。

メタディスクリプションとは、検索結果画面に表示されるコンテンツの説明欄です。
メタディスクリプション内のユーザーが検索したキーワードは太字で表示されます。

なので、メタディスクリプションに検索してもらいたいキーワードを入れることで、ユーザーの目に留まりやすくなりCTR(クリック率)が高まります

最適なキーワード数

適切な場所にキーワードを入れたとしても、キーワード数が少ないと効果は現れず、多すぎると逆に検索順位が下がることもあります。

なので、検索順位を上げるには最適なキーワード数を知る必要があります。

トラハック
トラハック
じゃあいくつのキーワードを入れるのが適切なの?

先ほど挙げた「キーワードを入れるとSEOに効果的な場所」に以下表が適切です。

最適なキーワード数
  1. タイトル:メインキーワードとサブキーワード1つまで
  2. h2, h3見出し:メインキーワードとサブキーワード1つまで
  3. 本文:不自然でない文章とならなければあまり気にしない
  4. メタディスクリプション:メインキーワード2つまで、サブキーワード1つまで

ここで言うメインキーワードとサブキーワードの説明をします。
「SEO キーワード 入れ方」という複合キーワードを例にします。

メインキーワードとサブキーワードとは
  • メインキーワード:“SEO”
  • サブキーワード:“キーワード”と”入れ方”

トラハック
トラハック
メインキーワードは単体で検索ボリュームの大きなキーワードのことやね。

キーワード順序の違いに強い設計とは

複合キーワードは順序によって検索結果が変わる

複合キーワードで上位表示を狙う場合、キーワード順序を意識した対策が必要です。
なぜなら、検索するキーワードの順序で検索結果は異なるからです。

例えば、「東京 マラソン」の検索結果1位は”東京マラソン”の公式webサイトです。

キーワード順序の違いに強い設計とは

しかし、「マラソン 東京」の検索結果には東京都内のマラソン・ランニングイベントの一覧ページが上位表示されます。

複合キーワードは順序によって検索結果が変わる

この理由を深掘りすると、ユーザーの”検索意図”がそれぞれ異なるからです。

トラハック
トラハック
「東京 マラソン」の検索意図は
「東京マラソンについて知りたい」
「マラソン 東京」の検索意図は
「都内で開催されるマラソンイベントについて知りたい」
ということやね。

キーワード順序に関係なく上位表示させるには”近接度”が重要

トラハック
トラハック
どちらのキーワード順序でも検索結果上位を目指す場合はどうすればいいんや?

結論を述べると、上位表示を狙いたい複合キーワードを”近くに配置すること”です。

AとBという2つのキーワードの距離が近いことで「AのBに関するコンテンツ」と評価されやすくなるからです。

例えば、「東京 マラソン」と「マラソン 東京」の両者で上位表示を狙う場合

「東京都内ではマラソンイベントが1年を通してたくさん開催されています。各自治体が区や市を盛り上げる手段の1つとして主催しています。」

「東京都内の自治体が区や市を盛り上げるために様々なイベントを催しています。その1つがマラソンです。」

トラハック
トラハック
”東京”と”マラソン”の位置を近づけることで、ユーザーにとってもクローラーにとっても「東京のマラソンに関するコンテンツ」だと分かり易くなってるね!

SEO的にNGなキーワードの入れ方

SEO的にNGなキーワードの入れ方

ここでは”SEOに逆効果”なキーワードの入れ方についてご説明します。

キーワードを過剰に入れない

基本的には、上記でお伝えした「最適なキーワード数」を守れば問題ありません

キーワードを入れることを意識した結果、不自然な文章となることは避けましょう
記事を書き上げたら、客観的視点で文章を読み直してください。

連載記事を書いている方に注意していただきたいことがあります。
複数の記事の「タイトル」に同じキーワードを入れないことです。
一般的に、キーワードの重複が”4記事”を超えると検索順位が下がると言われています。

スパムと見なされないための注意点

こちらも基本的には「SEOに効果的なキーワードの入れ方」でお伝えした内容を守れば違反と見なされることはないでしょう。

トラハック
トラハック
知識としてGoogleから”スパム”と見なされる行為は知っておこか~。

Googleからスパムと見なされる行為

  • 隠しテキスト
    CSSなどで背景色と同じテキスト色でキーワードを埋め込む行為
  • 隠しリンク
    同様に、背景色と同じ色でテキストリンクを埋め込む行為
  • 極小フォントサイズ
    ユーザーが視認できないサイズのフォントでキーワードを埋め込む行為
  • ドアウェイページ
    検索エンジン(クローラー)用に作られたページにリダイレクトさせる行為
  • メタキーワード属性スパム
    メタキーワードタグ内に過剰に多いキーワードを埋め込む行為
  • メタディスクリプション属性スパム
    メタディスクリプションタグ内に過剰に多いキーワードを埋め込む行為
  • リンクファーム
    意図的に作られたサイトから不自然な被リンクを集める行為
  • ミラーサイト・ページ
    コンテンツの丸パクリ

ユーザーが検索するキーワードを網羅する方法

ユーザーが検索するキーワードを網羅する方法

ここまで「キーワードの入れ方」について説明しましたが、検索上位獲得に欠かせない「キーワードの網羅」について説明します。

検索順位を上げるにはキーワード網羅が重要である理由

結論からお伝えすると、検索順位を上げるにはサイト全体や複数記事で”キーワードを網羅する”ことが必須となります。

キーワードを網羅するためには、”サジェストワード”について知っておく必要があります。
サジェストワードとは、検索エンジンの検索窓でキーワードを入力すると表示される候補のことです。

検索順位を上げるにはキーワード網羅が重要である理由

一定の検索数があるキーワードの組み合わせのみ、サジェストに表示されます。

トラハック
トラハック
つまり、サジェストワードは”ユーザーの検索ニーズがあるキーワード”なんやね。

結果的に、サジェストワードを網羅したサイトや記事は、ユーザーが求める情報を網羅しているので検索上位を獲得することができます

キーワードを網羅する方法

関連キーワード取得ツールを使う

最も有名なサジェストツールが「関連キーワード取得ツール」です。
キーワードを入力すると、サジェストワードの一覧が表示されます。

無料で利用可能なツールですが、デメリットが2つあります。

関連キーワード取得ツールのデメリット
  1. 手動で検索が必要
  2. 検索結果を集積する仕組みがなく、サジェストワードが変化しても気づくことができない

サジェストワードを集積すべき理由

関連キーワード取得ツール」のデメリットとして”検索結果を集積する仕組みがない”とお伝えしました。

トラハック
トラハック
なんで検索結果(サジェストワード)を集積できないことがデメリットなの?

それは「過去にユーザーニーズのあったキーワードを網羅できないから」です。

サジェストワードはユーザーの検索に応じて毎日4~5語変化しています。
なので、”ある日に取得したサジェストワード”=”ユーザーが求める情報を網羅したキーワード”ではないのです。

したがって、競合サイトに差をつけて検索上位を獲得するためには、日々変化するサジェストワードの差分も含めてキーワードを網羅する必要があります。

サジェストワード自動集積ツールを使う

毎日変化するサジェストワードをすべて網羅するなら、サジェストワード自動集積ツールを使いましょう。

このツールを使わずにサジェストワードを集積するには、毎日「関連キーワード取得ツール」で検索した結果をエクセルやスプレッドシートにまとめなければいけません

この作業を真面目にやると毎日30分ほど時間を取られてしまいます

トラハック
トラハック
単純労働に毎日30分も時間を使うのはもったいない!

サジェストワード自動集積ツールの詳細はコチラをご確認ください。
簡単にメリットをまとめておきます。

サジェストワード自動集積ツールのメリット
  • 取得したサジェストワードを集積できる
  • 前回取得したサジェストワードとの差分が一目で分かる
  • 複数のキーワードを登録しておき、1クリックで全てのサジェストワードを自動取得できる

残念ながらこのツールは有料で、月額¥2,000の利用料がかかります。
しかし、
¥2,000で”30min * 30日 = 15時間”の時間を買えるのなら使わない手はない」と思います。

トラハック
トラハック
網羅したキーワードを正しく記事に入れて検索上位を獲得しましょう!

記事のまとめ
  • キーワードを入れるべき場所は「タイトル」「h2/h3見出し内」「本文」「メタディスクリプション」
  • それぞれの場所に適切な数のキーワードを入れましょう
  • 過剰なキーワードの埋め込みはダメ、ゼッタイ
  • サジェストワードを網羅して競合サイトに差をつけよう